Ticket

システムメンテナンスのため、一時的にオンラインチケットの販売を停止いたします。 ご不便をおかけいたしますが、 何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
販売停止期間:5月29日(月)14:30~17:00
  • 観覧料金
    一般
    大学生
    高校生
  • 当日
    1,600
    1,200
    800
  • 前売/団体
    1,400
    1,000
    600

※中学生以下は無料 ※団体は20名以上 ※心身に障がいのある方とその付き添い者1名は無料(入館の際に障がい 者手帳をご提示ください)

  • 【前売券】2017年3月21日(火)〜6月19日(月)まで〔国立西洋美術館では6月18日(日)まで販売〕
  • 【チケット販売場所】国立西洋美術館(開館日のみ)、展覧会ホームページほか、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあなど各主要プレイガイドにて販売
    ※手数料がかかる場合があります
手数料無料のオンラインチケット

相互割引
チケット

相互割引

「ボストン美術館の至宝展」「レオナルド×ミケランジェロ展」との相互割引

「ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション」(2017年7月20日~10月9日 東京都美術館)、「レオナルド×ミケランジェロ展」(2017年6月17日~9月24日 三菱一号館美術館)のチケット(半券可)をお持ちの方は、当日料金から100円割引(お1人様1回限り、1名のみ有効、他の割引との併用不可)でご観覧いただけます。
アルチンボルド展のチケット(レオナルド×ミケランジェロ展は半券のみ可)を、上記2展の券売窓口でご提示いただくと、当日料金から100円割引(お一人様1回限り)でご観覧いただけます。

  • ※割引は、国立西洋美術館内チケット売り場での当日券購入に限ります。
  • ※本展会期中のみ適用。
  • ※「ボストン美術館の至宝展」と「レオナルド×ミケランジェロ展」の間での相互割引はありません。
  • ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション
    会期:2017年7月20日~10月9日
    会場:東京都美術館
    http://boston2017-18.jp/

  • レオナルド×ミケランジェロ展
    会期:2017年6月17日~9月24日
    会場:三菱一号館美術館

  • レオナルド×ミケランジェロ展 画像クレジット
  • ※画像左:レオナルド・ダ・ヴィンチ《少女の頭部/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》1483-85年頃 金属尖筆、鉛白によるハイライト/明るい黄褐色に地塗りした紙 トリノ王立図書館 ©Torino, Biblioteca Reale
  • ※画像右:ミケランジェロ・ブオナローティ《〈レダと白鳥》〉の頭部のための習作》1530年頃 赤チョーク/紙 カーサ・ブオナローティ ©Associazione Culturale Metamorfosi and Fondazione Casa

【販売終了】
お得なスペシャルチケット 2種

グッズセット券

スワロフスキー・クリスタルをあしらったオリジナルハンドタオル セット券!!

本展の出品作品をモチーフとしたオリジナルハンドタオルができました。スワロフスキー・クリスタルがあしらわれたオリジナルハンドタオルは、この機会でしか手に入らない、お得でうれしいチケット!

  • 発売期間

    2/14(火)10時 ~5/14(日)

  • 価格

    2,000円(税込)

  • 販売場所

    チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット、CN プレイガイド、楽天チケットなど
    ※手数料がかかる場合があります。

  • ※オリジナルハンドタオルは、アルチンボルド展会期中(6 月20 日~9 月24 日)、会場内、展覧会特設ショップにてお引換え下さい。
  • ※写真はイメージです。写真と色味、配色などが変わることがございますので予めご了承ください。
オリジナルハンドタオル

ペア券

前売券より400 円(一般1 名)もお得に入場できるペアチケットです。

  • 発売期間

    2/14(火)10時 ~5/14(日)

  • 価格

    2,000円(税込)

  • 販売場所

    チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット、CN プレイガイド、楽天チケットなど
    ※手数料がかかる場合があります。

ペアチケット

Twitter

【キャッチコピー】改めて並べてみてみると、本展の見どころがほぼ説明されていました。今となっては、レアな初版のチラシより。 https://t.co/5ORU86B88E
【HP】公式ホームページには、仕掛けがいっぱいあります。トップページをスクロールすると溶け出す背景は、何を隠そうあのダリを少し意識しています。作品紹介のページでは、ズームしたり回転させたり、作品の魅力を楽しく味わっていただけます。 https://t.co/nldQNSMNrv https://t.co/J0SgBAJfA2
【アルチンボルドの魅力】現代の私たちも驚く、"精密な描写"や"組み合わせの妙"。ですが、絵に隠された様々なメッセージを知ると、さらに彼の"凄さ"がわかります。きっと当時の皇帝たちも、自分しかわからない秘密の暗号を見つけ、ニヤリとしたのでしょう。 例えば≪水≫のトゲトゲ(難易度1) https://t.co/C5fxN0BwLo
【ポスター・チラシ】ご覧いただいた方、ありがとうございます!メインビジュアルの日本初公開作品≪春≫は、細部まで繊細に描れた作品で、描かれた花・草葉の種類は合わせて80種! "スズラン"の歯や"ラベンダー"の眉毛など、アルチンボルドらしい、奇抜でオシャレな創造力が発揮されています。 https://t.co/DdlaUQIwRp
【みどころ】教科書で見たから?名前は知らずとも、アルチンボルドの作品は日本人によく知られています。個々の作品は以前も日本で展示されていますが、多くの場合、「だまし絵」としての一般的な紹介の仕方でした。今回は、彼を、時代に愛された「知略の画家」として日本で初めて本格的に紹介します!
Twitterはじめました(やっと)。 6月20日から国立西洋美術館(東京・上野)で開催する「アルチンボルド展」の見どころや、作品の解説などをお伝えしていきます。 彼は、およそ450年前の画家です。代表作の連作『四季』を描いているころ、日本では織田信長が活躍していました。