Outline

アルチンボルド展

  • 会期

    2017年6月20日(火)-9月24日(日)

  • 会場

    国立西洋美術館[東京・上野公園]
    http://www.nmwa.go.jp/
    〒110-0007 東京都台東区上野公園7−7

  • 休館日

    月曜日、7月18日(火)
    〔ただし、7月17日(月)、8月14日(月)、9月18日(月)は開館〕

  • 時間

    午前9時30分―午後5時30分〔金・土曜日は午後8時まで〕
    *入館は閉館の30分前まで

  • 主催

    国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社

  • 協賛

    損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、ブレンボ

  • 協力

    アリタリア - イタリア航空、全日本空輸、
    西洋美術振興財団

  • お問合せ

    03-5777-8600[ハローダイヤル]

  • 報道関係
    お問い合せ

    「アルチンボルド展」広報事務局
    (ユース・プラニング センター内)

    〒150-8551 東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル3F
    TEL:03-6820-8105
    FAX:03-3499-0958
    Email:acbd2017@ypcpr.com

西洋美術館ロゴ 西洋美術館アクセスマップ

交通:JR上野駅下車(公園口)徒歩1分
京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅下車 徒歩8分
*当館に駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

Google Maps

Twitter

【キャッチコピー】改めて並べてみてみると、本展の見どころがほぼ説明されていました。今となっては、レアな初版のチラシより。 https://t.co/5ORU86B88E
【HP】公式ホームページには、仕掛けがいっぱいあります。トップページをスクロールすると溶け出す背景は、何を隠そうあのダリを少し意識しています。作品紹介のページでは、ズームしたり回転させたり、作品の魅力を楽しく味わっていただけます。 https://t.co/nldQNSMNrv https://t.co/J0SgBAJfA2
【アルチンボルドの魅力】現代の私たちも驚く、"精密な描写"や"組み合わせの妙"。ですが、絵に隠された様々なメッセージを知ると、さらに彼の"凄さ"がわかります。きっと当時の皇帝たちも、自分しかわからない秘密の暗号を見つけ、ニヤリとしたのでしょう。 例えば≪水≫のトゲトゲ(難易度1) https://t.co/C5fxN0BwLo
【ポスター・チラシ】ご覧いただいた方、ありがとうございます!メインビジュアルの日本初公開作品≪春≫は、細部まで繊細に描れた作品で、描かれた花・草葉の種類は合わせて80種! "スズラン"の歯や"ラベンダー"の眉毛など、アルチンボルドらしい、奇抜でオシャレな創造力が発揮されています。 https://t.co/DdlaUQIwRp
【みどころ】教科書で見たから?名前は知らずとも、アルチンボルドの作品は日本人によく知られています。個々の作品は以前も日本で展示されていますが、多くの場合、「だまし絵」としての一般的な紹介の仕方でした。今回は、彼を、時代に愛された「知略の画家」として日本で初めて本格的に紹介します!
Twitterはじめました(やっと)。 6月20日から国立西洋美術館(東京・上野)で開催する「アルチンボルド展」の見どころや、作品の解説などをお伝えしていきます。 彼は、およそ450年前の画家です。代表作の連作『四季』を描いているころ、日本では織田信長が活躍していました。